育児って楽しいだけじゃない、辛いことも気が狂いそうな時もある。でも、子供の笑顔を見ると幸せを感じる。そんな育児の実体験をお届けします。

Category Archives

Archive of posts published in the category: お金を借りる
6月
19

いざというときのお金の用意(借りるという選択)

就職活動の際、金融業界に興味があり、消費者金融の会社に応募をした経験があります(就職はしませんでした)。

そのときに、実際に各社がどのような公告を出しているのか、各社の評判がどうなのか知りたくて、比較サイトもいくつか見てみました。

実際に、実家で生活していて、バイトもしていて裕福でもないものの、贅沢の仕方も知らない私は、あまりお金に困った経験がなく、手持ちのお金で買えないようなものは買わなければいい、と考えていました。

そのため、業者によって金利が異なっていたり、どこで返済できるのかによって利便性が異なっていたりすることを理解はできたものの、どこの会社がどう、という点までは興味がありませんでした。
(ある程度金融の知識があったこともありますが、分かりやすくまとまっているサイトが多かったと思います)

そんな私が一度、消費者金融からお金を借りたことがあります。

休日に自宅からターミナル駅まで車で移動したときのことです。車をコインパーキングに止め、近くの役所で書類を受け取った上で、買い物して、お昼でも食べて帰ろうと思っていたのですが、役所についたところで、財布を忘れてきたことに気づきました。

家まで歩いて数時間かかるところ、全くお金がない情況に直面し(Suicaも手元にありませんでした)、はたと困ってしまいました。更に困ったことに、携帯電話すら手元にありませんでした。

初めに考えたのは交番です。何とか帰りの電車賃を貸してもらうよう頼むことはできないかと。恥ずかしいのはやまやまですが、むげには追い返されないように思われました。

ただ、手元に免許証があった(車の中に常に置きっぱなしにしていました)ので、どうせならこれでお金を借りられないかと思い、消費者金融でお金を借りてみました

数日で返済すれば、銀行のATMを利用するよりも手数料が安いことを、就職の説明会で聞いていたこともあり、金利負担についてもったいない、ということを思うことはなかったのですが、業者のリストに登録されてしまうこと、ずぼらな自分の性格を考えると、いつまでもめんどくさがって返済しないことが怖く、また、これから何か困ったときにすぐにお金を借りてしまうようになることも怖く、即日帰宅してから返済に向かいました。

それ以来、お金を借りることはありませんが、困ったら借りられるんだと思うことは、安心できることだと思いますので、一度は利用してみた方がいいのではないかと個人的には思います。