長男が1歳半になった頃、我が家のトイレトレーニングは突然スタートしました。それは、第二子が生まれるにあたって、長男を公立保育所の一時保育にお願いすることになったからです。

その保育所では、0歳児から、なんと、普通のパンツで過ごさせ、排泄したらパンツを替える、という方法を採用してたので、1日預ける場合、パンツとズポンをそれぞれ10枚以上持参しなければならなかった為、あわててパンツを洗い替えを含めて20枚と、子供用の補助便座を購入しました。

せっかくなので、家でも同じ方法でトレーニングをすることにしたのです。

最初の頃はやはり、すぐにお漏らしをしてしまい、保育所からは大量の洗濯物、家では拭き掃除に着替えにやっぱり洗濯物、と親は大変でしたが、温暖な時期でもあったので、子供は割りとケロッとしていました。

そして数週間立った頃には、だんだんと保育所からの洗濯物は減り、なんと家でもオシッコは自分でトイレでできるようになっていました。初めて家のトイレで出来た時は、本当に嬉しかったです。

保育所サマサマですねけれどもね。

ただ、ウンチの方はどうしてもトイレで出来なくて、わざわざ紙おむつに履き替えてしていました。両方がトイレでできるようになったのは、結局3歳半の時でした。

幼稚園に入園した後も、幼稚園のトイレでウンチが出来ずにパンツに漏らしてしまって帰ってきた時は、なんだか無力感に陥って、悲しかったのを覚えています。

今思えば、おむつが2歳でとれようが3歳でとれようが、その後の長い人生には少しも関係ないのに、親が焦ってしまっていたのが裏目に出たかなあ、という気がします。

これからトイレトレーニングをする方には、どうせいずれはできるようになるものだから、焦らず、リラックスして、長い目で取り組んでもらえたらいいな、と思います。