トイレトレーニングを始めたのは子供が歩き始めた1歳3ヶ月頃でした。

少し早いかな、とも思いましたが、夫のオムツ卒業が1歳半頃だったと聞き、また時期的にもちょうど暖かくなってきた頃でしたので、トイレトレーニングを始めることにしました。

通販でヨーロッパのメーカーの椅子タイプのオマルを購入し (きれいなオレンジ色のオマルで、リビングに置いてもあまり違和感はありませんでした!?) 、いざトイレトレーニング開始!

といっても、失敗されると後片付けが大変なので、我が家では普段はオムツをつけさせ、オマルに座るときだけオムツをはずす、という方法を取りました。

ちょっとズボラなやり方でしたが、おかげでトレーニング中にイライラすることもなく、子供も精神的に不安定になることはありませんでした。

食事の後など、トイレに行きたくなりそうな頃合いを見計らい、「オマルに座ろうか」と座らせるようにしましたが、最初はほとんど『座っているだけ』という感じでした。

子供も『これって何の意味があるの?』とでも言いたそうな顔をしていましたが、何回かオマルでできることもありました。

オマルでできた時は「やったー、できたね! がんばったね!」と大げさにほめるようにし、できないときもあまり長時間オマルに座らせることはせず、子供がトイレトレーニングを嫌がることがないように気をつけました。

一度、親子で郊外の公園に遊びに行ったとき、子供がトイレに行きたいと言いだしたため、失敗してもかまわないつもりで公園のトイレに連れて行きました。

オムツを外し、無事にトイレを終えることができた時、『これでもうすぐオムツが外れるな』と思い、感無量でした (ちょっと大袈裟ですが…)。

オムツが完全にとれるようになったのは、トレーニングを開始して1年あまり経った頃でした。ちょうど夏でしたので、プールにいっても安心して海水パンツで過ごすことができました。

今思うと、トレーニングを始めた時期が少し早すぎたのかもしれません。結果的にトレーニングに1年以上かかってしまいましたので。

また我が家ではオマルを購入しましたが、もう少し大きくなってからならトイレでトレーニングをすることもできると思います。

子供用の小さい便座シートなども市販されているようですので、楽しいトイレ空間を演出すれば、トレーニングも楽しくできますね。

その後、うちの子供はオネショも含め特にトイレに関する問題は起こっていません。

少々ズボラなところがあったものの、親子ともに負担の少ないトイレトレーニングでよかったのかな、と思っています。