子供が3歳のお誕生日を迎えたのをきっかけに我が家もトイレトレーニングを始めました。

周りのお友達がだんだんとおむつがとれ、早い子だと2歳半で取れている子もいましたが、我が家の娘はその気が全くない感じでしたのお誕生日をきっかけにしました。

まず、最初の準備として普通の便器だと3歳の子には大きすぎて、お尻が落ちてしまうのでアンパンマンのついた便座の上に置くタイプの補助イスを買いました。

そして、子供に『うんちが出たくなったらアンパンマンに乗ろうね』と話しました。

最初うんちからにしたのは、おしっこだと出たいと思ってからトイレに行ったのでは、間に合わない事が多く、失敗が増えそうだなと思ったからです。

子供は、最初のうちはトイレに行く事自体を嫌がり、こっそりおむつでうんちをしていましたが、『アンパンマンが呼んでるよ~』などテンションをあげてあげると喜んでトイレに行くようになりました。

それでも、いままでおむつの中に立ってしていたのが、座るようになると上手く力めないらしく、何度も『できない、できない』と泣いてました。

その度に私も応援していましたが、毎回泣かれ、なんだかんだで3ヶ月もトイレでうんちする事ができない娘に段々とイライラしてしまいました。

『もう大人になるまでおむつでいなさいッ』と言って、ますます泣かせてしまったりもしました。

子供が寝た後には、こんなにイライラしてしまった自分を反省し、しばらくはトイレトレーニングからはなれてみようと思いました。

次の日から、子供が『ママ、うんち』と言ってきたら、『トイレが嫌だったらおむつでしていいよ』と優しく言うように心がけました。

本人も安心したようで、その後、本当におむつ生活にもどってしまいましたが、その後1ヶ月たつと、なにもいわなくても、自分からトイレにはいり、アンパンマンの補助イスにすわるようになりました。

そして、『ママー、アンパンマンでうんちできたよ』と報告があったときには、親子で抱きしめ合って喜びました。

その後は、本人も自身がついたようで、毎回自分からトイレに行き、うんちだけでなくおしっこもできるようになりました。

今、振り返ると、親のペースでトイレトレーニングを進めてしまおうとしていましたが、子供自身がやる気をもった時がトイレトレーニングに向いている時なんだと実感しています。

そして、焦らなくても、おむつが取れるときは、必ずくるのだから、その子のペースを信じて待つ事が大切だと思っています。