我が家には、現在3歳10ヶ月の息子がいます。

平日は、毎日保育園に通っているのですが、2歳児のクラスに上がると先生から、そろそろトイレトレーニングを始めていきましょう、といわれ、いろいろ検討した結果、我が家ではおまるではなく、トイレの便器に乗せるハンドル付きの補助便座を購入してみました。

そして、まだ便座に自力で座れないので、2段の踏み台も購入しました。また、子育て雑誌などを参考にトイレトレーニングについて、少し調べたりもしました。

実際に、トイレトレーニングを始めたのは、2歳3ヶ月頃からですが、息子は1月生まれなので、保育園でも同じクラスの中でも年下のほうでした。

なのであまり、真剣には取り組まず、いつかはできるようになるんだからという軽い気持ちで、失敗しても励ましながら、車などの乗り物が好きな息子なので補助便座のハンドルで遊ばせたりして、トイレに座ることを慣れさせたりしました。

失敗しても、また次にがんばろうねといってみたり、おトイレ行く?と聞いてみたりして、実際に上手にできたときには、たくさんほめてあげることなどで本人も楽しんでいたようです。

それに、私たち親が焦らずに、小学校に上がるころにはできるようになるだろうと考えていたので、よかったのかもしれません。

保育園で周りのお友達がだんだんオムツを卒業し、お兄さんパンツになっていくので、息子もお兄さんパンツに憧れを持っていたようで、お兄さんパンツを喜んではいていました。

始めは何度もおもらししてしまいましたが、だんだん慣れてきて、おトイレ行きたいといってくれるようになるととてもうれしいです。

しかし、親戚などにはまだオムツはずれてないの?といわれたりした時期もあったので、それをいわれると少し辛い気持ちになったりもしました。

しかし、今ではすっかり一人で上手にできるようになったので、私たちのトレーニング方法はよかったかなと思っています。

たまにおねしょしてしまったり、遊びに夢中になるとおもらししてしまいますが、今でも焦らず怒らず、そのうち失敗しなくなるさという軽い気持ちでみなさんもトレーニングしてみたらいかがでしょう。

[PR]
子育てをする上で、育児のしやすい注文住宅のご相談もお任せしたいところですね。シンプルでありながら体に優しい家を建てたるお手伝い。目黒、大田、世田谷の注文住宅なら桧山建工