トイレトレーニングは、一言でいえば、根気が必要、という感じでした。

昔ながらの布おむつと違い、一時期の紙おむつは快適なものなので、少々の湿気もあまり不快感がなく、トイレトレーニングが遅れるのだ、という事が言われ始めてから、少し不快を感じるおむつというのもでて来たようです。

私が、子育て中に感じた事は、おしめをしていない時のほうが自然とおしっこが出て来たような感じに思えます。

例えば、時々暖かい日差しの中で、裸ん坊にして日光浴っていうのをさせてたのですが、そんな開放感のある時に限って、しかも、お布団の上だったりでおしっこが元気に出てくるのです。

歩き始めてどのくらい経った頃だったでしょうか、そろそろおしめも取らなくては、という事になり、おまるを購入しました。

まずは、いつもいるお部屋の中におまるを置き、見慣れるまでは、トレーニングは開始しませんでした。

少し遊びも入り蓋を開けたり閉じたり、チョット興味が湧いて来たようでした。座ってごらんと、おしめのまま座らせたり、動かない乗り物的な状態でもありましたが、正しい位置に正しい格好で座る事ができるようになりました。

ある日、そろそろ使ってみようという事になり、おしめを取って座らせてみましたが出るタイミングではなさそうです。

何回もおしっことうんちはここでね、っておまるの役割を言い聞かせて、おしっこが出そうになったら教えるように話しました。

何回も座らせてみましたが、出るものは出ず、おしめがキャッチしてくれる日が続きました。

一日に何度もおしっこは?うんちは?の問いに少し疲れて来たのですが、ようやくおまるでのおしっこに成功したのでした。

おしめがなかなか濡れないので、おまるでしようかと促すと上手におしっこをする事ができました。

思いっきり手を叩き褒めてあげると得意顔になってニコニコとしています。それからは急におまるで用を足せるようになってきました。

もしかするとパンツ式のおしめを脱ぎ、その開放感の中でするおしっこが気持ちよかったのかもしれないと、日光浴の時の事を思い出したのです。

その後、おまるは廊下に移動、そしてトイレの近くになりました。

そしていよいよ本物のトイレに、我が家は和式のトイレだったため意外と早くに用を足せるようになったと思います。これが洋式だったら乗せたり降ろしたりも大変だったのかもしれません。

[PR]
おしめも取れて大きくなったら、一緒に釣りやバーベキューも楽しみたいですね。バーベキューと釣りを楽しめる朽木渓流魚センターは、関西で、釣りやバーベキューが同時に楽しめるフィッシングエリアです。滋賀県高島市朽木にあり、国道367号線大津市葛川梅ノ木から5~6㎞です。