おまるをまず最初に購入しました。他にもトレーニングパンツ、おねしょシーツも購入しました。おまるは一度も使用しませせんでした。

3歳になった時点で本格的にはじめました。祖父祖母、父、母と周りからは遅いと言われましたが、私も働いていたため、この時期がベストなタイミングだと重い実行しました。

ステップ1として、まずしばらくおむつはそのまま付ける生活でおしっこをに自分がする時に「おしっこ行く」と言い一緒に連れていきトイレをする流れを見せました。

しばらく見るだけのトレーニングでした。

ステップ2として、だいたいおしっこの出そうな時間におしっこが出ても出なくてもトイレに連れて行き、便座に座らせました。出ない事の方が多かったです。

ステップ3として、保育園でも同時進行でトイレトレーニングを初めてもらい、決まった時間にトイレの時間を作っていたようで、その都度一応トイレにはいくので、たまに成功していたようです。

おうちでもトイレでおしっこが出る回数が増えてきました。おしっこが出来るととにかく褒めていました。

ステップ4として、まだ漏らす事が多い時にトレーニングパンツに変えました。気持ちが悪いどころか床までびっしょりなので、だいたいおしっこの時間がわかり、その時間に連れて行くようになり、おしっこはトイレでね。と言っているうちにおしっこしたくなると、「おしっこ」というようになりました。

ステップ5として、おしっこが自分で言えるようになると、割とすぐに自分で行くようになりました。

やっぱり失敗すると子供も落ち込んでいました。ついあ~あと言ってしまう私が悪かったのでしょうが・・・

トレーニング中に嬉しかったことは、だんだんと出来る回数が増え本人も嬉しそうにしていた事です。
やっぱりトレーニング中は漏らした下着と掃除の処理が大変でした。

その当時のご自身には焦らずゆっくり。いつかはみんな出来るようになるよとアドバイスです。

トレーニングが終わって、今自分で出かける前や寝る前言わなくてもできるようになり、成長を感じています。

これからトレーニングされる方は気長に寛大な心で今しかできないトレーニングを子供と一緒に頑張ってください。

[PR]
お子さんのトイレトレーニングがやりやすいフローリングの家をご提案したりも可能です。新築一戸建て、宅地分譲、不動産売買仲介、不動産売却など不動産全般の業務を取り扱っております。
平塚市の不動産に強いマッケンジーハウス平塚店