私は30代後半、夫は40代後半、小学校4年と2年の子供がいます。

夫は会社員で、私は専業主婦ですが自宅でクラウドソーシングの仕事をしています。

2019年の夏休みは、大体プールへ

普段の平日は、子供は帰宅後に学校の宿題や家庭学習に1時間ほど取り組み、天気の良い日は公園などで友達と遊んでいます。

休日は、家族で買物や大きな公園に行ったり、季節のイベントなどへ出かけています。

 
2019年の夏休みは、学校のプール、ミュージカル、両方の祖父母宅への帰省、家族旅行に行きました。

その中でも、プールに行くことが一番多かったです。

夏休みの家族旅行は食事が美味しいホテルに2泊

家族旅行は夏休みの恒例行事にしていて、今回は食べる事が好きな子供のために食事が美味しいホテルに2泊しました。

最も費用がかかる家族旅行のために、普段の休日は外食を極力控えたり、私の衣類を買わないなどして節約してきました。

子供がとても喜んでくれたので、頑張ってきた甲斐がありました。

夏休み中の昼間は子供にほとんどかかりきり

それ以外はほとんど家にいましたが、食事の準備と2年生の子供の宿題が大変でした。

私の普段のお昼は前日の残りや麺類を食べていますが、子供たちは麺類があまり好きではなく食べる量も多いので、お昼もしっかり作っていました。

宿題は、教えてあげたり○をつける作業と自由研究の手伝いがあったので、夏休み中の昼間は子供にほとんどかかりきりでした。

夏休みは料理だけでなく洗濯・掃除などの家事負担が増えます

学期中は私も子供も自分のペースが保てるのですが、夏休みは料理だけでなく洗濯・掃除などの家事負担が増えます。

家にいる時間が長い分、兄弟喧嘩が1日に10回以上起きて、仲裁に入らなければならず常にイライラしていました。

夫は自身の夏休み中でも子供の宿題や家事に一切協力してくれないので、私の忙しさが3倍になります。

自分の時間も少なく、集中してクラウドソーシングの仕事ができず、収入が3分の1以下になってしまい厳しい状態でした。

後半は疲れてしまい、早く夏休みが終わって欲しいと毎日思って過ごしていました。