小学4年生の息子には4つ上の兄がいます。
日常的に上の子が家庭学習をしているのを見ていたため、小学生になってからはわりとすんなり勉強するようになってくれました。それでも晩御飯ギリギリの時間までやらない日もたまにあります。体育や遠足があった日は疲れて昼寝してしまったり、天気が悪い日にもだらだらとおやつを食べてレテビを見ながら何時間も過ぎてしまうこともあるんです。
どう対応しているかと言えば、我が家のルール「ゲームをするには家庭学習が終わってから」というものを改めて伝え、「いいの?」と確認するだけです。そんな風にだらだら過ごしているとそのまま晩御飯やお風呂の時間になり、寝るまでにゲームの時間が残らない可能性が出てきます。それを確認して「それでもいい」とだらけているならそれは本人にとって必要な休息と思って見守ります。ゲームのために勉強をするようなルールに対して良く思わない方もいるかもしれませんが、理由はともあれ毎日勉強するきっかけになるならそれで十分だと思っています。自分が子供の頃はこんなに魅力的な遊びはなかったですし、今の子供がゲームがしたくてたまらなくなるのも理解できるからです。
勉強が取り組みやすいよう、前の日に次の日やる分を机に広げておいたり「明日○○のテストだからそれをやったら?」などとアドバイスをしてあげることもあります。何をしたらいいかわからなくて自分からやろうと思えないという場合もあるため、こういった声かけも効果がありますよ。
早いうちから習慣が身につくように親子でルールを決めることや、褒める&アドバイスを与えて協力してあげるといいですね。