子供たちの宿題を自主的にやってもらうのは骨が折れますよね。
ましてや今のご時世、宿題をやっていかなくても先生は怒らないし、
昼休みがなくなるわけでもありません。おのずとして宿題をやっていかなくも
大丈夫なんだと勘違いをしてしてしまいます。
うちの3年生(男)と2年生(男)の子供たちもそうでした。
さらにちょっとした反抗期に入ってしまう時期なので四苦八苦しながら家でも宿題を
やらせていました。怒ってもだめだったし、がみがみ言っても逆効果。意地でもやらないとばかりに
いました。そしてゲームや漫画を読むの毎日を繰り返していました。
そこで心を鬼にしてゲームと漫画を取り上げました。宿題が終わったら返すを条件に。
最初はすごく怒っていましたし、泣いたりしていましたが私も折れないで終わったらすっごく
褒めて返していました。
また、どうして勉強をしなくてはならないのかを二人に考えさせました。
大好きなゲームに見立て説明しました。
大人になった時に経験値を積んでいないと自分のなりたい職業になれないのだと。
これは二人には心に響いたようで少し納得してもらえたと思います。
そして決して親のためでも学校の先生のためでもなく自分のために勉強はするものなのだと。
色々なことを知ることは楽しいことで、勉強することが今あなたたちの「仕事」なんですよと
伝えてみました。
興味のないことも勉強しなくてはなりませんので一概には言えないのですが。
この二つのことを夏休み明けから毎日行いました。冬休みには言わなくてもゲームと本を私に預け
宿題をするようになりました。
宿題を自主的にやらすにはどうして勉強しなくてはならないかを理解、できるようになるまでは
親の「アメとムチ」が必要なのかもしれません。
  ・宿題を中々やらない子供を持つ方向けにアドバイスお願いします。【必須】