我が家には双子の4年生の息子がいます。
なかなか自主的に勉強をしなかったのですが、あるきっかけで勉強をし始めたのは1年前です。
それは、机の購入です。
元々リビングでお母さんに見られながら勉強をしていましたが、やはり気が散ってしまうようです。
さらに双子なので、学校から帰ると2人で外へ遊びに行き、帰ってきてヘトヘトになりながら、宿題をしていたようです。それも言わなければやらないという状況でした。
何故こうなるのかを私と、息子2人と話をしました。
結果、机を買ってくれたらもう少し自主的に宿題や補助教材の勉強ができるという話をしてくれました。
補助教材である通信教育は元々やっていましたので、計画立てはできていました。また、今は野球をやっているため、土日はほとんど家におらず、平日に集中して勉強をしなければなりません。リビングで勉強するのも良いですが、テレビなどの誘惑物は多いこともありました。
これも飴と鞭と考え、机を購入しました。そして、自宅で私が組み立てるのですが、その組み立てのシーンを子供たちに見せながら組み立てをしました。
完成し、机に座らせました。やはり、自分の机があると、テンションが上がるようで、机を設置したその日から自主的に勉強をするようになりました。
やはり子供も自分の希望が叶えば、やる気を出してくれます。
そのためには子供が自分の気持ちを自分自身が言葉で伝える必要があり、それを聞いてあげる親の姿勢も必要であると思います。
自主性を養うのは子供も、両親も協力しあい、分かり合うことであるのを改めて考えた出来事でした。