夫婦の合意があれば離婚届を役所へ提出するだけで離婚が成立しますが、話がこじれてしまうと家庭裁判所にて解決することになります。

その際に必要となる書類の作成やサポートを行っているのが大阪府大阪市の司法書士、大川司法書士です。

離婚問題が家庭裁判所において調停や裁判に持ち込まれるケースとして、子どもの養育権や養育費、財産分与などで意見が食い違ったり不倫をしたことによって慰謝料を請求したりする場合などが挙げられます。

特に浮気相手にも慰謝料を請求する場合は、家庭裁判所における調停や裁判と同時に解決を図ることがあるものの、話が複雑になりがちです。

ですので、大川司法書士・行政書士事務所に離婚や、訴訟の相談をして、何から手をつけていけば良いのかを指示してもらい、さらに裁判所へ提出する書面作成を依頼します。

「裁判所への提出書類作成」ページの「司法書士の離婚調停・訴訟」のカテゴリーでは、離婚が成立するまでの流れや方法が記載されていますので、離婚を考えている人にとって役立つ内容となっています。

不貞行為をした配偶者や、その浮気相手に対して慰謝料を請求する場合、離婚問題と分けて調停や裁判を進めたほうが速やかに離婚が成立しそうです。

このページでは調停や訴訟といった法的手続きの中で慰謝料を請求する方がより効果的という説明があります。その理由を詳しく知るには、メールフォームや電話で無料相談が可能なようです。

また家庭裁判所へ提出する書類作成以外にも離婚問題を解決するにあたり、司法書士の方にどのような形で協力してもらえるのかが気になりますので、これも確認したい事項です。

心当たりのある方は、無料相談を活用してみては如何でしょうか?